FC2ブログ
このブログは「裕玉@肉人(ゆうたまあっとにくんちゅ)」の個人的な日記です。18禁のエロい絵などもあるのでお気をつけください。

2010/10 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2010/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 とりあえず、例の都条例の新たな条文が公開されましたよ。

 予想通りと言うかなんというか、やっぱり予想のナナメ上を行く電波っぷりですよw

 ついったーから引用。

山口貴士弁護士が入手したヤツ。PDF。
@otakulawyer 都条例条文を入手。http://yama-ben.cocolog-nifty.com/20101122seishounenjourei.pdf

山口弁護士のヤツを現行条例に適用したヤツ。PDF。
@himagine_no9 【再掲】都条例案を現行条例に適用した文面。急いで打ち込んだものなので間違いがあるかも知れず。一応、山口弁護士が公開してくれた原文と照らし合わせながら読んで下さい。間違いの報告はリプライでどうぞ。(リンク先PDF)
https://docs.google.com/document/d/1pprDalw9Cg6bkM7vlmX90AxzcpmNVKaJhy2eij6wrBg/preview?hl=ja&authkey=CMrojNwI&pli=1&sle=true#

テキスト版。
@beniuo 新条例・全文テキスト版。追加された部分を赤で、変更された部分を青で色塗りしました。誤りがあったら指摘してください。
http://www1.odn.ne.jp/himagine_no9/tojourei-20101130-2.pdf

 とりあえず、「実写を除く」とか「創作物の法律上違法な行為+婚姻できない者同士の性行為」とか、そのあたりは当たり前のようにぶっ飛んでいるし、「全然定義が明確になったわけでも狭まったわけでもないじゃんむしろ逆じゃん」とか言いたいのですが、「13歳以下の青少年の写真などの画像云々」とか「ケータイのフィルタリングを推奨」とかも問題ですな。

 ケータイのフィルタリングは「やってもいい自由」であって、それを理由がなければ解除できないというのは超おせっかい。しかも業者の負担増加するだけ。

 まぁいろいろあるのですが、とりあえず、今夜は条文とにらめっこしつつ、山口弁護士https://twitter.com/otakulawyerとか村松弁護士https://twitter.com/kmuramatsuとかのつぶやきなんかはヲチって情報集めといたほうが良さそうですよ。

 その上で、都議の方に送るメールの内容とか考えると良いかもです。たぶん。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 どーもお久しぶりです裕玉です。秋なのか夏なのかよく分からん天気が続いてましたが、すっかり秋をスッ飛ばして冬な感じになりましたね。

 風邪なんかも流行ってるっぽいので心配ですな。

 まぁ、それは置いといて……。

 もうすっかりおなじみな人もいるかと思いますが、いよいよ明日、東京都の「青少年健全育成」、いわゆる「非実在青少年云々」などに関する新たな条文が公開されます。

 ですが、この「22日」に公開される条文ですが、議会が開催されるのが「24日」です。

 慌てて更新してるのでこの日記では色々なところをざっくりと説明しますが、つまり、じっくりと審議するための時間が「たったの2日間」しかありません。

 議論をするための条文を直前まで明かさないというのは民主主義的にいろいろと根本から間違っているとしか思えんのですが、規制を通したくてしょうがない東京都と規制推進派の人達がそういうことをするのはもはや変えられないので、規制に反対する人達は22~24日の間の2日間に反対するための行動をするしかありません。

 読売新聞とかの記事はおおよそ飛ばし記事だと思いますが、油断していると通ってしまう可能性が高いことに変わりはないでしょう。

 6月の否決は、あくまで「多くの人たちの努力と、機運や流れが物凄くいい方向に向いていたりしたが故に起こすことができた奇跡の勝利」みたいなものですので、前回より注意や努力を怠ればほぼ確実に敗北してしまうでしょう。

 ですので、22日に条文が公開されたら、今回の審議に対して慎重な態度だという東京都議会の民主党の議員の人たちに、「反対してほしい」とメールとか手紙でお願いしましょう(FAXは逆効果なので厳禁)。

 積極的に反対するために動いてくださっている民主党議員の人たちもいるようですが(蓮舫さんとかはこの都条例の問題とか児童ポルノ法改悪とかには反対してくださっているのですよ)、まだ態度を決めかねている議員の人たちもいるらしいので。

 手紙では22日に出しても間に合わないかもなので(出すなら今日(21日)のうちに出すしかないでしょう)、基本はメールだと思いますが、そのお願いのメールに、

 「一部の人間の偏った価値観で全ての物事を決めつけ、それを行政が勝手に規制するのは間違っている」

 「大人が勝手に物事の善悪を全て決めつけて、子供を過保護にしすぎれば、逆にその子供の将来にとって悪いことになる。大事なのは子供を悪いことから遠ざけることではなく、物事を体験した後、子ども自身がそれの善悪を判断し、価値観を育てていくことこそ大事だ」

 「この条例は子供の保護という名目を掲げているが、規制が施行されて、東京都の一部の人たちから『これは俺は良くないと思うんだよねー』と指定されれば大人も読めなくなるのだから、これは大人の人権を侵害している。子供だろうと大人だろうとどちらも人間であるのに変わりはないのだから、どちらの人権も平等に保護されねばならない」

 「少数派のマイノリティの趣味嗜好などを法律や条例が勝手に口を出していいとは思わない」

 「そもそもこういうことは親や家族と子供が一緒になって話し合っていけばいいだけの話であって、その努力を怠って行政に丸投げしようというのは、親や大人の役割放棄でしかない」

 「性にまつわることの、タブーなどの内容(近親相姦や小児性愛など)のアニメやマンガを『反社会的』として規制するのなら、バイオレンス描写のある映画や必ず人が殺されるサスペンスドラマなどは『反社会的』ではないのか?差別的な発言や概念を取り扱っているバラエティなどは違うのか?マンガやアニメなどの特定のメディアだけ規制されるというのはどう考えてもおかしい」

 「特定のメディアが犯罪を引き起こす、いわゆる強力効果論というものは科学的に否定されている。バイオレンスだったりエロかったりするマンガやアニメ、ゲームなどを愛好している人間が全て性犯罪者かと言えば、それは違うし、科学的な根拠もない。特定の思想をもつ人間を、どちらか一方を排除するのではなく、お互いの居場所を認め、同じ世界のなかで共存できる道を探るべきだ」

 「『子供の手に触れさせない』のが目的なら、現行条例で十分対応可能。新たな規制など無意味」

 「そもそも表現規制は表現の自由と内心の自由の両方を侵害する憲法違反である。地方条例が憲法を超える存在であってはならない」

 などなど……。

 当たり前のようですが大事なことなどを書いて規制に対する反対意見として送ってくだされば良いと思います。

 マンガやアニメ、ジュニアアイドル誌などだけが規制の対象になるとは限りません。エロいものだけとも限りません。規制したい人たちが「反社会的」と考えればなんでも規制されてしまうのです。

 自分が迷惑をかけないようにつつましく楽しんでいる趣味や娯楽を、「いやぁ、それ、俺がなんか良くないと思うから禁止するね」と言われて一方的に取り上げられるなんて、マンガやアニメなどのジャンルに関わらず、許されるべきではありません。

 こういう規制を推し進めようとするのは、青少年条例や表現規制が『子供のためにならない』ということを認めながらも、それでも『子供のために規制すべきだ』と、平気で嘘をついたり、とんでもないこと言っちゃうような人達です。

 子供のためにならないと自分で認めているくせに規制を推し進めようとするのは、自分たちの利権や面子などが目的であって、子供のためなんてロクに考えていないのでしょう。

 「ロリコンは認知症患者」とか、特定の教育機関の偉い人のくせに「子供は本当にバカだから守ってやらなきゃならない」とか、そんなことを言ってしまうような人達の口から「いやぁ子供たちを守るための条例ですから大丈夫ですよハハハ」なんて言われても信用できるワケないでしょう?


 まぁ、とにかくですね、短くて簡単な内容でも良いので、なるべく多くの人が規制に反対する意見、そのお願いをメールや手紙なんかで送っていただけたらありがたいです。

 民主の人だけでなく、前回反対してくれた共産と生活社ネットの議員さんにもなるべくメールやお手紙お願いします。

 手紙には、必ず「前回は反対してくださってありがとうございました」とかのお礼と応援の言葉を忘れずに。礼儀が大事です。

 自民公明支持の人でも、青少年条例とかネット規制とか児童ポルノ規制に反対しているのでしたら、支持している議員の人たちにお願いしてくださるとありがたいです。支持してない人の意見など聞かれないと思うので。

 手紙でもメールでも「名前、住所、電話番号、メールアドレス」を記載するのを忘れずに。匿名の怪しげな手紙やメールなど見られないでしょうから。

 とにかく、勝負は明日「22日の条文開示」から「24日」までの2日間です。

 手紙やメールを議員さんに送る準備や、大雑把な構成などを頭の中で練っていたりすると良いと思われます。

 22日に公開される条文がマトモなものならば問題ないでしょうが、その可能性はとても低いでしょう。

 規制派や支援している新聞などのメディアの「この条例はこういうものです」という説明ではなく、「条文本体の文言」を最も重視してください(というか、新聞などに書いてある条例改正案の内容が事実なら、前回までよりはるかに曖昧で広義な、さらに危険な規制内容です)。

 とにかく、少しでも多くの人の声が必要です。

 そして、礼儀を忘れずに。

 是非是非よろしくお願いします。


○参考にさせていただいたホームページさま○
■ 東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト ■
http://mitb.bufsiz.jp/ 
優先的にメールや手紙を送る総務委員会の人達のあて先。
< 都議会総務委員会 >宛先
http://mitb.bufsiz.jp/#addresses

 都民の方はコチラの名簿で地元の議員さんにお願いしてみるのも良いと思います。
・東京都議会選挙区別議員名簿
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/membership/electoral_zone.html

 パワーのある人は手紙とかだけでなく、陳情書などを送ったりもできますね。都民でなくても郵送で大丈夫なハズです。
・東京都議会:請願・陳情ガイド
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/petition/guide.html


 いつもお世話になっているホムペでございます。手紙やメールを書く際の参考にもなると思います。
表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/
都条例】どう考えても改正の必要は無いのだが・・・
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1267.html#more
都条例】東京都は22日の議会運営委員会まで条文を明らかにしないとのこと
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1266.html#more

 こちらも参考に。
非実在青少年関係 「青少年育成条例改正? ふーん、いいんじゃない?」 と言う人へ
http://heboro.blog.so-net.ne.jp/2010-03-19

 青少年条例が憲法に違反していることについては、こちらも参考にすると良いかもです。
・憲法が保障する基本的人権は青少年も持つ
http://sightfree.blogspot.com/2010/10/blog-post_30.html


 手紙やメールなどを送る際に。
・都議会民主党
http://www.togikai-minsyuto.jp/giin-syoukai/index.html
・都議会共産党
http://www.jcptogidan.gr.jp/togi02/index.html
・都議会生活者ネット
http://www.togikai-seikatsusha.net/
・この条例に積極的に反対して下さっている一人会派の福士敬子先生のホームページ
http://www.asahi-net.or.jp/~pq2y-fks/

・おまけ1:都議会自民党
http://www.togikai-jimin.jimusho.jp/01togikai/03giin/01list/index.html
・おまけ2:都議会公明党
http://www.togikai-komei.gr.jp/member.html


 あと、子供から娯楽を取り上げれば、↓こういうことになってもおかしくはないです。
・英国の少年犯罪がひどいことになっている
http://d.hatena.ne.jp/gordias/20070820/1187612098

 ほかにも娯楽などを規制したが故に犯罪率が上昇したとしか思えない国はたくさんありますけども。

 児童ポルノ規制などのメディア規制をしたい人々は自分たちに都合が悪いので外国のそういう事実は一切言いません。ただ、「外国ではすでに規制しているのが普通だ」としか言わないです。規制によってなにが起きたかまでは言いません。
 「児童保護などの目的のために規制する」のではなく、「規制すること自体が目的になっている」ことも多いのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。