FC2ブログ
このブログは「裕玉@肉人(ゆうたまあっとにくんちゅ)」の個人的な日記です。18禁のエロい絵などもあるのでお気をつけください。

2010/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2010/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いろいろとバタバタしてて更新するのを忘れてた。

 俺は↓コレ↓を書かねばならんのだ。
 ※8月5日追記:〆切り過ぎたので、俺が送ろうとした奴は本文から削除されてます。リンク先には新しい情報がありますので、そちらにも是非是非目を御通しください。

【2010年版】皆様方にご協力のお願いです!?【7.20更新】
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-750.html

 〆切りは明日だが、送らないよりはマシだろうからちゃんと送らねば。


 あと↓コッチ↓もやらねば。

【暫定版】業界団体に意見を送ろう!
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1050.html


 全員が全員何もしなけりゃー終わってしまうのなら、やらねーよりはマシなことをせねばならんのだ。

 ブロッキングも児童ポルノ法改正に関わりのあることだから、いろいろ調べねばいかん。

 少なくとも、ブロッキングは「インターネットユーザーを有害な情報から守る」という、聞こえだけはいい名目とは裏腹に、全く中身が伴っていない法律なのだからね……。

 うおー。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 日本人ってホントーにバカだったんだな。

 なんで「ウンコだらけの自民党に嫌気がさして、ちょっとは状況が良くなるかもと思って民主党に任せてみたら、民主党も思ったよりウンコだったから、また自民党ってウンコに戻る」なんだよ。意味が分からん。

 民主不支持なのは分かるけど、それでまた自民に戻るのかよ。頭の中に民主と自民の二択しかないのか?

 早く世の中を良くしてほしいと思うのは分かるけど、自民が数十年かけて作り上げてきた悪いものを短時間で払拭できるわけないじゃない。

 どんだけ堪え性ないんだよ日本人。

 日々の生活が苦しいのは分かるが、それで目先の利益しか見えないんじゃホントーに何も良くならないし、自分たちに跳ね返ってくるだけだと思うんだけど。

 かなりガッカリ。


 そして、俺にとっては「児童ポルノ法改正案(というか、改悪案)」と「表現規制」のことがとてもとてもショックだ。

 知らない人もいるかもしれないが、この「児童ポルノ法改正案」ってのは、「子供を健全に育てる」ってもっともらしい名目を掲げてはいるが、実際にはそんなものとは全く違う、そりゃーもうとんでもないシロモノだ。

 この改正案には、「18才未満の少年少女のみだりに肌を露出したり、性欲を刺激する画像(性欲を刺激する、なんて主観的なものを誰が決められるんだ?)」とやらの「取得罪」と「単純所持禁止」が入ってる。

 そして、改正案には「マンガやアニメ、ゲームに出てくるキャラも含むようにする」って案も入ってる。

 取得罪と単純所持禁止が入ってるってことは、本屋で普通のマンガとか買ったときにお巡りさんが近づいてきて……

お巡りさん「君、いま買った本見せてくれない?」
自分「はぁ……?まぁいいですけど」
お巡りさん「(マンガをパラパラ読んで)……この女の子がパンツ見せてるシーンさぁ、エロいと思わない?」
自分「いや、別にエロくないと思いますけど。そんなんフツーにどんなマンガでもやってると思いますよ」
お巡りさん「いや、そういうのはよく知らないんだけど、俺はエロいと思うんだよね。だからちょっと逮捕させてもらうね?」

 ……なんてことだってあり得るかもしれない。


 家族で水着でプールに入ってる写真だって、処罰の対象になるかもしれない。

 芸術として観賞する絵画の画集だって処罰の対象になるかもしれない。

 自分で買ったものじゃなくても、誰かが自分あてにエロ画像つきでメールしてきて、そのメールが見つかれば処罰されるかもしれない。

 そして、その画像を持ってるかどうかの調査や審判は、取り締まる側が自由に行える。

 自分の家にいきなりやってきて、無理矢理PCのHDDを調べられるかもしれない。

 誰かがイヤガラセや攻撃する目的でエロ画像を誰かに送りつけて、なぜかそれをあらかじめ知ってた警察が「とりあえず逮捕」しにくるかもしれない。

 「そんなことしませんよ」ってお巡りさんたちが言っても、それ以外の人たちが同じことを言う保証なんか無い(なにより、児童ポルノ法改正案推進派には元警察官僚もいる)。


 「児童ポルノ被害から被害児童を守るための法案」なのに「被害者の存在しないフィクションの創作物」まで規制しようという。

 そんなバカげた法案が通れば、当たり前だけどマンガやアニメから「お色気シーン」はなくなるし、18才未満の女の子と男の子がエッチするマンガなんか真っ先に規制されて消えるだろう。

 他人には理解されない性癖を抱えて生きてる人は、実際にやったら犯罪だから、フィクションの創作物で欲求を満たしている。

 そういう人たちの居場所を奪う権利が誰にある?

 少数派の変態は死ぬしかないのか?

 「エロいものは悪しきものだ」と思う人たちがこの世界に生きることは自由だ。

 同様に「エロいものが大好きでしょうがない」と思う人たちがこの世界に生きることだって自由だろう。

 片方だけを排除する権利など、誰にも無い。


 「俺は変態じゃないしマンガ読まないから関係ないしー」とか思う人もいるかもしれないけど、どこか規制されたら、「うーん。君が好きなコレ、俺が子供に良くないと思うから(俺が嫌いだから)規制しますね」って、マンガに限らず、他の娯楽にも理不尽な規制が及んでくる可能性は十分にある。

 そういう危険だって有り得ることだ。

 自分に関係ないと思って無関心決め込んでると、予想しないところでエラい目に遭うかもしれない。

 こういう極端なことばっかり言ってると、「オタクは被害妄想強すぎなんじゃね?」とか思われるかもしれない。

 だけど、この規制を進めようとしてる人たちは、公の場で「マンガなんか読んでるようなヤツはみんな認知症患者」とか「変態マンガとか好きな奴は犯罪者予備軍」とか「街中で体を売ってる女子学生はエロマンガの影響だ」とか「規制反対派の女は痴漢されて喜んでるんだろ」とか、ロクな科学的根拠もないくせにそーいうこと言っちゃうような人たちで、そのうえ現職議員とか、そういう地位のある立派な社会人の大人たちなんですよ?

 どんなぶっ飛んだことをしでかしたって全く不思議じゃない。


 そういう危険の塊みたいな法案があるというのに、今回の選挙は民主に嫌気がさした多くの人たちの票で自民党が伸びて、そして、規制反対派の人たちの票は、児童ポルノ法改正反対のキーマンである保坂のぶとさんを、社民党の議員一人をねじ込むほどの票にすらなかった。

 マンガやアニメ、ゲームが好きな人間が結集して票を入れればなんとかなる、かも……と思ったけど、ロクに結集すらしなかったということだ。

 結果的に、所詮はネット上の一部の人間が集まっただけで、実際には多くの人間が大して問題とも思っていないということだろう。


 オタクが政治とか嫌う人間が多いだろうというのは、なんとなく分かる。

 マンガやアニメなんかの物語で、「子供」である主人公たちに対して、政治は「悪い大人」たちが使う武器として使われることもあるしね。


 でも、自分の好きな、愛好する娯楽にとんでもない危機が迫ってるって時にまで、政治そのものを嫌って無関心を決め込むのか?

 マンガやアニメを楽しむときは、全ての鬱陶しい現実や大人の事情を忘れて、子供のような純粋な心理になって作品に入り込んだり、楽しみたいのは理解できる。

 だけど、その「ささやかな楽しみの時間」を奪われそうになった時まで何もできない幼子のように無抵抗でいるのか?

 俺も「世の中の動きは俺以外の世の中の多くの人間が決めて、それが世の中の動きということだろう」みたいなことを思ってたから、今まで投票なんか行かなかったし、政治とかもかなり無関心だった。

 けど、自分の好きなマンガやアニメに危機が迫ってると知れば、素人なりになにか行動すべきだと思って、本当に小さいが何かしらの行動をした。

 そういう小さな意思の欠片が集まれば、なんとかなる……と思ったが、どうやら違ったらしい。

 普段から平和主義を謳ってるからといって、自分の頭に銃をつきつけられてるのに、それでも無抵抗でいるつもりなのか?

 自分や同じ趣味の仲間を守ろうって気はないのか?

 殺されてから文句は言えないんだぞ?

 この規制が通ってしまえば終わりなのに、なんでまとまった反対の意思が感じられないんだ?

 面倒事から耳を塞いで、問題の本性を知ろうともしない人間は、殺されかかってるのを理解できないまま殺されて、そのまま文句も言えずに葬られるんだぞ?


 出版業界もなんで動かないの?なんでこの問題を取り扱わないの?自分たちの商売でしょう?

 「あそこは悪い出版社だ」みたいなイメージを持たれるのが怖いのか?

 ちゃんと読んでる人間がそんなもんに騙されるワケないじゃない。

 出版社サイドやアニメ業界サイドが「この法案は大きな問題があります。みなさんよく知っておいてください。」と大きな声で言えば、ネットをあまり見なかったり、規制反対派をなんとなく毛嫌いしてる人間だって動くかもしれないでしょう?

 雑誌の中ごろのモノクロ1ページ使った文章なんか、テキトーに読み飛ばされるだけかもしれない。

 なんでもっとちゃんと反対してくれないの?後ろめたいものでも作ってると思ってるの?違うでしょ?

 自分たちが作ってるものに自信と誇りを持ってるのなら、正面切って規制しようとしてる人間と堂々とおおっぴらに戦ってほしい。

 一般人の反対活動なんか、すぐに限界が訪れるに決まってる。

 「アナタたちを楽しませるための仕事が忙しくて無理」なんか言い訳にならないよ。だって、今現在、結果として負けてるじゃない。

 ここで「何もしないor出来ない」なら、いま生き残っても、近い未来に確実に潰されてしまうかもしれない。

 それでいいの?


 自民党が第一党になった時点で、このとんでもない児童ポルノ法改正案が強行採決される可能性は十分にある。

 そんな無茶苦茶な法案を誰もが知らんぷりして通されれば、他の無茶苦茶な法案だって通されるかもしれない。


 ちょっと前に否決された「非実在青少年うんぬん」の東京都の条例は奇跡が起きた。

 けど、それだって単に再提出されるだけで、次はどうなるか分からない。

 そしていま、大阪では同じように「BLマンガ規制」ってのが起きていて、それがとんでもないことになっている。

 ほかの地方だって、影響を受けて似たような規制を考える可能性は十分にある。


 日本の選挙の参加率は20代くらいの人は少ないらしい。……「政治は若い人のことを考えてない」って聞いたりするけど、若い人間が積極的に政治に参加しようとしてないんだから、そんなものは当たり前だ。

 「政治家が腐るのは国民が腐っているからだ」ってのも聞いた。……政治家は日本国民の代表なんだ。その選ばれる土壌である国民が腐っていれば、国民の代表の政治家だって腐って当たり前だということだ。


 俺だって本当は、めんどくさい政治のこととか考えず、わずらわしいこととか考える必要の無い状態でマンガやアニメを楽しんだり作ったりするってのが最も理想だとは思う。

 だけど、いつまでもそんなノンキなこと言ってられる状況じゃないし、そう思ったらどうにかしなくちゃいけない。

 いつまでも「俺、めんどくさいからパス」を貫いていたら、なにも良くなるはずがないし、悪くなるのを食い止めることもできない。

 本当にどうにかしたいと思うなら、作り手も作り手を支える業界も、その受け手であるファンや読者も一致団結して、多くの不必要な表現規制関連の問題に立ち向かうべきだ。

 俺は頭悪いしアホだし、政治のこともやっぱり好きじゃないしよく分からない。

 対抗策についての具体的な方法は分からんが、もう無関心ではいられないことだけは分かった。


 だから、マンガやアニメやゲームを生き残らせたいと思ったりするなら、もっと規制と反対活動についてちゃんと調べたりして、その上で自分に何が出来るか、何をすればいいのか、多くの人に考えてほしい。

 でないと、この欠陥だらけの児童ポルノ法だけではなく、どんなおかしな法律ができてもおかしくはない。

 後から文句言っても無意味だ。自分たちの身は自分たちで守らなくちゃいけない。

 ホントに頼むよ。

 いや、マジで……。


○参考URL○
・弁護士山口貴士大いに語る
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/

・保坂展人のどこどこ日記
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto

・保坂展人のどこどこ日記:児童ポルノ「単純所持」の犯罪化について(福島みずほ)
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/93d40be04bd92726e5c0ddfae41767e5

・9月11日に生まれて
http://d.hatena.ne.jp/pecorin911/

・マンガ論争勃発-継続中(β)
http://www.mangaronsoh.com/


・表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/

・表現規制について少しだけ考えてみる(仮):自民党の改選第1党が確実に・・・問題は日本人の国民性だった
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1033.html

・表現規制について少しだけ考えてみる(仮):良くもないが悪くもない結果(と思わなきゃやってられん)
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1034.html

・表現規制について少しだけ考えてみる(仮):参議院選(勝手に)総括
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1035.html
 どーも裕玉です。今日は生まれて初めての「選挙」に行こうと思います。

 情報収集不足で自分の地元の小選挙区のことはよく分かってないんですが、とりあえず比例代表のほうは「保坂のぶと」と書いて投票することにします。

○保坂氏を応援する理由○
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1025.html

 マンガやアニメなどの表現物に対する曖昧で不必要な規制や、穴だらけで危険すぎる児童ポルノ法改正案などに対して、ものすごーく積極的に反対してくれるとてもマトモな人です。

 日本ユニセフにベッタリで児童ポルノ法改正案の言いだしっぺに近い谷垣さんの自民党、規制賛成派の舛添さん、「日本は児童ポルノ大国で性犯罪の宝庫」的な根拠のない大ウソをついた後藤啓二氏を擁立しているみんなの党……そういう人たちをマンガやアニメが好きすぎてしょーがない自分にとって支持できるとは思えません。


 保坂さんはマンガやアニメ好きの人間としてはとても頼りになる人なのですが、彼が当選するかどうかは微妙な状況らしく、当選してくれないと大変困るのです。

 民主党が好きなワケではありません。規制反対してくれる人たちを支持したいだけです。

 ですので、選挙に行くかどうか迷ってる人や、「マンガとか読むけど誰に投票したらいいか分からん……」とかって人は、特に何もなければ保坂さんに投票してほしく思います。

 ではでは唐突な日記でしたが、これにて失礼します。ぼふん。

○参考URL○
・はじめて投票に行く人のための「はじめての投票マニュアル」
http://tuchizaki.blog24.fc2.com/blog-entry-46.html

・選挙関連メモ
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1026.html

・選挙関連メモ②
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-1027.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。